breezy

アクセスカウンタ

zoom RSS Blue VanTopsコンサート盛況に終わる。

<<   作成日時 : 2014/10/20 22:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日、第12回チャリティーコンサートが終了しました。14時30分開場なのに13時ちょっと過ぎに最初の方がみえました。まだ誰もいなかったので「ちょっと早すぎたかなぁ。チケットを買ってくれた友人からいつも並ぶから早めに行ってと言われたんです」とのこと。下のカフェに行ってきますと言いながら去っていきました。ところが、13時20分には別の方々が来られ、さらに増えて13時30分には列を作って並び始めました。お天気も良かったので、お出かけしやすかったのでしょうね。それにしても1時間以上も立っているのは疲れるでしょうが、お知り合いとペチャペチャ話しながらいると、時間の経つのも忘れるのでしょうか、どなたも疲れた様子がなく開場とともにホール内に流れ込んでいきました。
「シクラメンのかおり」「アベマリア」「見上げてごらん夜の星を」「津軽平野」「霧の摩周湖」など誰もが知っているヒット曲の数々に会場は歓声が沸きました。もちろん、メンバーのオリジナルも処々に演奏されました。アンコールの拍手が会場を埋め尽くし、再登場したメンバーが最後に演奏したアンコール曲は「恋の予感」。カバー曲を、このユニットでなければ聴けないという編曲でお客様を魅了した「ブルーバントップ」。大忙しの4人が揃うのはなかなか難しいのでライブの数は少ないのですが、今後大いに活躍が期待されます。
オリジナルは、今まで演奏してきた中で好評だった曲だけに絞りプログラムに取り入れたのも成功でした。
今まで自由な衣装で演奏してきましたが、今回は黒シャツに赤のスカーフという統一衣装で舞台に立ったメンバー、これも好評を博しました。次回はブルーバントップの名に相応しく、ブルーのスカーフでも身につけたら良いかなと思いました。今回はベースの鳥越さんが関西方面でのライブツァーから当日朝に帰京。黒の衣装を持参しておらず、一人だけ白というのも異質な感じがしてしまうため、急遽うちの主人の黒シャツを着ることに。舞台でご本人がその経過を話しながら「プロデューサーの・・・さんのご主人のシャツを借りてます」と言ったら大爆笑。それからのMCがノリノリで会場は笑いの渦に包まれました。
演奏する側も聴衆も気分は上々。気持ちの乗ったライブで、お客様には大いに楽しんでお帰り頂くことができました。
さて、次は12月14日(日)開催の地域振興クリスマスコンサートです。今回は津軽三味線とタブラのコンビネーションで津軽じょんから節をお聴き頂きます。すでに参加のお申込みが40名になっています。12月、冬の一日を荒涼とした北国を頭に描きながら津軽三味線を聴いてみませんか?最高の雰囲気を味わえることと思います。皆様のご予約をお待ちしております。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Blue VanTopsコンサート盛況に終わる。 breezy/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる